今を生きる!過去や未来に捕らわれず、イマココ

*

美白を目指すならコスメにこだわるべき

   

今までクレンジングはオイルクレンジングを使っていました。オイルがもっとも洗浄力が強く綺麗さっぱり洗い上げてくれるという思い込みからでした。思惑とは裏腹に、オイルクレンジングでは乾燥肌の私の肌が必要とする皮脂を余計に洗い流してしまっていることがわかり、ジェルクレンジングを使うようにしました。何ということでしょう、皮脂が奪われすぎることなく肌に残るようになったからかヒリヒリとつっぱっていた顔も潤いを感じるようになりました。
どうしても顔がカサカサするという方は試しに洗浄力の弱いクレンジングにチェンジしてみてください。

30代に突入してから、肌にも年齢が出てきて肌トラブルが増えるようになりました。
このままではいけないと、エイジングケアのためにフェイスマッサージを行うようにしました。続けて、食事バランスに注目して不足しがちな栄養をサプリメントで補い、ボディの中から肌を美しくするようにしました。この対策でスキンコンディションは改善され、吹き出物の出現頻度も減少し、見た目にも垂れた肌が少し張りが出てきたように思います。

肌の色も少し明るくなったので、肌の老化が軽いうちに対処できたのだと思います。私がお肌のお手入れで重要だと思っているのは、先につけたスキンケア商品が肌に馴染んでから次のスキンケア商品を使用するということです。まず洗顔後タオルで水分を拭き取ってから化粧水をつけます。このあとすぐに美容液をつけるのではなく、最初の化粧水が肌に馴染むまでしばらく待ちます。
化粧水が肌に浸透したのを感じ取ったら次に美容液をつけます。化粧水と同様に、美容液も肌につけてからしばらく待ちます。美容液が肌に浸透したら最後にクリームをつけます。

このようにゆっくりとお肌を労わってあげるとお肌の状態が改善されますよ!お肌のお手入れの基礎となるのが顔の洗い方です。

洗顔方法を正しく学ぶことが、綺麗なすっぴん肌を手軽に手に入れることができるのです。洗顔といえば顔を手で洗うものと答える人も多いでしょうが、その認識は間違っています。

洗顔とはせっけんや洗顔フォームといった洗顔料の泡で顔を洗うことを指します。顔を手で直接ゴシゴシ洗うのではなく、肌の上で泡を転がすのをイメージすると肌を傷めない正しい洗顔になります。

洗顔の後にはすぐさま化粧水、乳液、美容クリームなどでちゃんと保湿することも忘れないでくださいね。毛穴のつまりが気になる時は、しっかり落ちなかった汚れが原因の場合があります。ファンデーションが詰まっていて、確実に落とすために毛穴の詰まりの原因になります。キチンと洗いきるためにベビーパウダーが役立ちます。少しだけベビーパウダーを洗顔料に混ぜてしっかり泡立ててから顔を洗うと、スクラブ洗顔になり、汚れを残さず落とせるでしょう。さぁ、気がつけば冬目前。早いものです^^;冬の訪れとともに気にすべきなのはお肌の乾燥。

今年こそは乾燥しないためにも栄養素の中でも特に「亜鉛」をとっていきましょう!亜鉛は人体に欠かせないミネラルの1種であり中でも爪や髪、当然お肌も新陳代謝をアップさせて美しく保つ効果があるんです亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉、たまご、チーズなどにちゃんと入っているのでこの機会に普段の食事に取り入れてはいかがでしょうか?30歳を過ぎた頃から、目の下にシワやたるみができるようになり悩んでいます。妊娠、出産の時期がその頃と被っているので、ホルモンのバランスが乱れていた事も関連しているかもしれません。
ちりめんジワという細かいシワも目の下にはできていました。
解消に向けて目の体操をしたり、夜はシワまで潤いを閉じ込めるケアをしっかりとしています。

目の体操はとても簡単なもので、目を大きく開く、ぎゅっと閉じるを繰り返すだけです。
夜のスキンケアは、毎晩シートパックでお肌を潤わせた後、より保湿されるよう目の下にだけワセリンを少し塗るようにしています。頬はカサカサなのに額が脂でテカテカ…まぎれもなく混合肌というやつですが、スキンケアの基本に則りしっかりと「ゴシゴシ擦らない洗顔、洗顔直後の保水&保湿」の基本中の基本をきちんと念入りに、スピーディに行って改善しました。洗顔料や化粧水といったお手入れ化粧品を自分の肌状態に合わせて探すことも悪くはないのですが、「基礎を忠実に実行していること」がベースあってこそ成り立っているのだと実感しました。たま~に基本を守らずに適当に済ませてしまうこともあるのですが、すぐさまあのカサテカ混合肌に戻ってしまうのです…基本を忘れずに!の心掛けが大事!肌が乾いてしまう原因の一つは洗顔です。

女性はクレンジングを使いメイクを落とし、そのうえ洗顔料で洗顔することが多いです。
その時に、クレンジングや洗顔料が大切な油分も洗い流してしまう恐れがあります。W洗顔は年齢を重ねた肌には、肌自身の油分が減っていくのでさらに乾燥が進んでいってしまいます。
洗顔後には保湿成分入りの化粧水、乳液でお手入れするのが大切です。日常生活では入浴により肌が乾燥します。

入浴には美容効果もあり大切なのですが、少し間違えると乾燥肌の原因に。

入浴時、肌の乾燥につながらないようにする。1.お湯の温度お湯の温度は38~39度に、湯船につかる時は20分以内で2.こすりすぎ、洗いすぎに注意すること。

タオルで強くこすらず、石鹸のふわふわの泡を手のひらで伸ばすように。3.お風呂あがりはすぐに保湿しましょう。徐々に肌の表面から水分がなくなるため、早急に保湿します。
アンプルール体験談

 - コラム